PDF リリース全文
(132KB)

2013年4月25日

不動産取引実務の基礎知識修得講座『不動産キャリアパーソン』ネット申込受付を5月1日から開始/全宅連

平成25年4月25日

公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会

《全宅連》不動産取引に関わる全ての方を対象とする
不動産取引実務の基礎知識修得講座『不動産キャリアパーソン』
~5月1日からインターネット申込み受付開始~

公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(略称:全宅連、会長:伊藤 博)は、消費者を含めた不動産取引に関わる全ての方に対する適正な取引実務の基礎知識普及を目的とした新資格講座『不動産キャリアパーソン』のインターネット申込み受付を5月1日から開始します。

http://www.zentaku.or.jp/public/training/career/index.html

この『不動産キャリアパーソン』は、実際の不動産取引で活かされる『実務』知識の修得に重点を置いた通信教育資格講座です。物件調査をはじめ、取引実務において必須の基礎知識を取引の流れに沿って体系的に学習できます。学習後は、全国の指定会場にて修了試験に受験いただきます。試験に合格した宅建業従事者は、全宅連への登録により、消費者への適切な情報提供に資する者の証明として『不動産キャリアパーソン』資格が全宅連から付与されます。全宅連は全国の中小不動産事業者の事業者団体で、各都道府県宅建協会(加盟企業:約10万社)によって構成されています。
  
                     ◇
消費者が不動産取引に関与する機会は人生でごくわずかです。しかし消費者にとって不動産取引は関係法令や制度等の専門性が高いため馴染みが薄く、複雑化・多様化が進む不動産取引「実務」について正しく学習する機会が乏しいため、その結果消費者が不当に被るトラブルや紛争が発生しています。
そこで全宅連では、不動産取引に関わる消費者ひとりひとりが自らの意思で適正な不動産取引実務知識を学習し、主体的に不動産取引に関与できる「自立した消費者」の育成を目指し、不動産取引に関する「実務」知識の修得に重点を置いた資格講座を創設しました。
この講座の受講によって、消費者の知識向上はもちろんのこと、学生や求職者にとっては不動産業への就業や「宅建」取得のためのステップアップ等の効果が期待されます。詳細は以下の通りです。

《不動産キャリアパーソン概要》
■申込関係
(1)受講要件:どなたでも受講・受験可能です。
(2)費用(税込)
   ①都道府県宅建協会会員およびその従業者:8,400円
   ②①以外の方:12,600円
   ※通信教育、修了試験受験料(1回分)含む
(3)申込み方法
   ①全宅連受付:全宅連ホームページから申込み
   ②都道府県宅建協会受付:最寄の宅建協会へ申込み
(4)申込み開始:2013年5月1日(水)
(5)教材発送:2013年5月上旬より順次発送予定

■学習関係
(1)学習内容
   ①従業者としての大切な心構え/②物件調査・価格査定/③不動産広告/④資金計画/⑤契約の基本/⑥その他知識(賃貸管理、リフォーム等)
(2)申込からの流れ:申込み→テキストとWEBサイトでの学習→修了試験申込み→受験
(3)受講期間:2カ月(教材発送日から学習・修了試験受験まで)
(4)修了試験:各都道府県の指定会場で毎月実施されます。
(5)合格:修了試験合格者には『不動産キャリアパーソン合格証書』を授与
(6)登録要件:修了試験に合格した宅建業従事者に対し、全宅連への登録により資格証カード及びネックストラップを付与