PDF リリース全文
(316KB)

2013年4月30日

社内資産の物品管理ソフト「Assetment Ver4」をリリース

2013年4月30日

株式会社ソフトクリエイト

社内資産の物品管理ソフト「Assetment Ver4」をリリース
~スマートフォンによる棚卸や携帯などの回線料管理を機能追加~

社内資産の物品管理ソフト「Assetment」を販売する株式会社ソフトクリエイト(東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:林 宗治 以下「ソフトクリエイト」)は、メジャーバージョンアップを行い、平成25年4月30日より「Assetment Ver4」として提供を開始いたします。

 近年スマートフォンやタブレットの普及に伴い、社内の管理対象資産が大幅に増えております。特にBYOD(私物モバイルの業務活用)なども起因し、社内で利用してもよい機器を明確に定義する必要性が出て来ました。しかしパソコンを初めモバイル端末など社内の資産を明確に把握している企業は少ないのが実情です。そこでAssetmentでは物の管理を推奨し、購入から廃棄まで一連したライフサイクル管理機能を提供しております。

 今回のVersion4 では物の管理をより簡単にするために、スマートフォンでの棚卸アプリを追加したことや、当社製品L2Blockerと連携することにより「自動棚卸」の新機能を開発しました。
また無駄遣い抑制のために携帯やスマートフォンの回線料管理機能や、リース契約・保守契約の期限満了管理の強化など、大幅な機能アップを行いました。

□新機能

・資産マスタの項目定義の汎用性の拡大
・リース契約・保守契約の期限満了管理の強化
・回線料管理の新機能
・社外貸出管理の予約機能
・利用者管理としての新機能
・スマートフォン用の棚卸アプリ
・棚卸進捗管理や棚卸結果レポートの充実
・L2Blockerとの連携による自動棚卸
・資産マスタなどの他システム自動連携機能
・分類や組織のツリー表示

Assetmentは導入支援や運用代行・棚卸代行など、社内の物品管理に関するサービスを幅広く提供しております。またクラウド対応では「データの入力代行」も行なっており、お客様の業務の軽減をサポートしております。

ソフトクリエイトは、今回のメジャーバージョンアップにより、年間100社の出荷を計画しており、今後も企業内における社内の物品管理を支援するため、Assetmentで時代の変化に対応したサービスを提供してまいります。