PDF リリース全文
(610KB)

2013年4月15日

つくば環境スタイル“SMILe”を具現化する住民主導の『サスティナブルコミュニティ』構想を策定しました

2013/04/15

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野 直竹
大阪市北区梅田3-3-5

「平成24年度まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」において
「つくば環境スタイル“SMILe”を具現化する住民主導の
『サスティナブルコミュニティ』構想」を策定しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、国土交通省が公募した「平成24年度まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」において採択された事業構想をもとに、地域特性を活かしたエネルギー問題解決の街づくりモデルとなる「つくば環境スタイル”SMILe”を具現化する住民主導の『サスティナブルコミュニティ』構想」を策定しました。

当モデル構想は、つくば市の「実験低炭素タウン構想」における先導的モデル街区として整備が進められる葛城地区において、地域の特性や様々な課題を踏まえ、つくば市が提唱する「つくば環境スタイル“SMILe”」(※1)を具現化する住民主導の「サスティナブルコミュニティモデルづくり」の実現を目指すもので、本年1月に「平成24年度まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」において採択された事業構想をベースとして、つくば市、有識者、国交省関係部局の支援のもと、2月初旬から3月末までの約2ヶ月間、協議を重ねた上で策定されました。
※1.他の地域のモデルとなる低炭素社会づくりを進めるべく、「市民等の協働の実践体制の構築」と「二酸化炭素削減技術の開発・実験」とを統合して、国内・世界へ発信・普及を図ることを基本コンセプトにした環境行動指針。大学・研究機関,行政が連携して取り組むため、「つくば市環境都市推進委員会」が発足し、2030年までに一人当たりの二酸化炭素排出量を 50%削減することを目標とする。

●策定されたモデル構想
茨城県つくば市研究学園駅に近い葛城土地区画整理事業区域内のC43街区において、当社が今後予定している新規戸建街区175戸の戸建住宅地開発事業を中心とし、街区内の他の地域も含め“「つくば環境スタイル“SMILe”」で暮らす街”をベースに6つの構想を提案、つくば市、有識者、国交省関係部局による、今回のモデル構築支援事業を通じ、新たに4つのプロジェクトを提案しました。