PDF リリース全文
(219KB)

2013年4月15日

SEA JAPAN 2014 世界最先端の最新技術と製品が競演する一大イベント開催決定!

2013/4/15

UBMジャパン株式会社

SEA JAPAN 2014 
世界最先端の最新技術と製品が競演する一大イベントSEA JAPAN 2014開催決定!

SEA JAPAN 2014
世界最先端の最新技術と製品が競演する一大イベント

2014年4月9日(水)~11日(金) 10:00~17:00
東京ビッグサイト 東1・2ホール
主催:UBMジャパン株式会社   

世界屈指の技術力を誇る日本の船を世界の海へ。
SEA JAPAN 2014開催決定!
1994年の初開催から20年、2014年にSEA JAPANは今回で11回目を迎える。
日本唯一の国際海事展として「高い技術力の提供」、「既存顧客との信頼関係の強化」、「国際競争力の向上」、そして「国際ネットワークの構築」の場として、また「新たなパートナーやサプライヤーの発掘の場」として、過去10回着実に開催規模を拡大してきた同展示会だが、11回目を迎える今回は展示会面積・出展社数ともに過去最大を記録しての開催予定。
また、国際海事展に相応しドイツ、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、オランダ、韓国、中国が前回の2012年より引き続きパビリオンを形成予定。
環境技術を中心にいまだ世界をリードする日本の造船業界が再び巻き返しを図り、海事産業全体のさらなる活性化を目指す。

◆2014年の新企画
2014年開催は、新企画として、「環境保全エコロジー」、「海洋開発」、「海洋セキュリティー」の3つのテーマにスポットをあてた新パビリオンの設置や特別プログラムを企画。
近年、長引く円高や厳しい国際競争・経済情勢によって、日本の船主・造船業・舶用機器産業は、かつてない荒波に遭遇している。さらに、環境問題、セキュリティー、資源開発の分野においても、今後海事産業全体で、乗り越えていかなければならない問題がある。
「SEA JAPAN 2014」は、展示会、セミナーを通じて、これらの課題を解決に導くためのヒントを提供し、海事産業の更なる発展を目指す。
—————————————————————————-
展示会概要
—————————————————————————-
名  称: SEA JAPAN 2014
会  期: 2014年4月9日(水)~11日(金)  10:00-17:00
会  場: 東京ビッグサイト 東1・2ホール
主  催: UBMジャパン株式会社
後  援: 国土交通省、一般社団法人 日本船主協会、日本内航海運組合総連合会、
一般社団法人 日本造船工業会、一般社団法人 日本中小型造船工業会、
日本船舶輸出組合、一般社団法人 日本舶用工業会、日本貿易振興機構(ジェトロ)
出展社:  500社・団体(予定)
来場者:  18,000人(見込み)

公式サイト http://www.seajapan.ne.jp

■出展品目
造船/船舶修理/舶用工業製品(軸系及びプロペラ、係船・荷役機械、舶用ボイラー、冷凍機・空調装置、発電器・電動機、公害防止機器・環境保護、塗料・塗装機器、安全設備・防火設備、ディーゼル機関及び推進装置、ディーゼル機関の部分品・付属品、配電盤・起動器・制御器、電気器具、熱交換機、油圧機器、油処理装置、空気機械、ポンプ、舶用タービン、弁・管継手、計器類、舶用燃料・潤滑油、操舵・操船装置、錨・錨鎖・ロープ、居住設備、航海計器・通信機器・電波計器、コンピューターシステム及びソフトウェア)/港湾局・港湾管理者/港湾設備・港湾サービス/シップエージェンシー/舶用組織・団体/船級協会/商社/出版/他海事製品・サービス全般

◆【展示会】 ~ 世界約30ヶ国・地域から、500社が出展 ~
最先端のテクノロジーを持つ製品・サービスをヨーロッパ、アジアを中心とした海外、そして日本を含めた世界30ヶ国・地域から有力企業が展示紹介。

◆【テクノロジーセミナー】 世界の有力企業が最先端技術を発表!
出展企業が最新の造船、海運業界向けの製品&サービス、ソリューションを紹介するセミナー。

◆【国際会議】 業界を代表するキーパーソンが集結!
国内外における海運、造船業界の最新事情、今後の市場動向等を海運、造船業界をはじめ、関連業界団体・協会などからもキーパーソンをお招きして概説する。
◆【特別セミナー】
造船技術の研究成果の発表を公的研究機関、協会・団体等が行う実務担当者向けのセミナー。


バリシップ2013
2013年5月23日(木)~25日(土)の3日間、今治のテクスポート今治/旧コンピューターカレッジでバリシップ2013が開催される。
国内外から240社を超える出展社が、世界最新の舶用機器や海事産業の発展のための製品やサービスを紹介。最終日の25日(土)は、一般  
来場者への開放日となり、子供向けのイベントも多数企画されている。

<公式サイトにて来場登録受付中> http://www.bariship.com/