2013年4月24日

5/30・31規格立案メンバーによる ISO26262解説 (一般技術者、ハードウェア・ソフトウェア技術者向け)

2013年4月24日

ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド (LRQA ジャパン)

自動車機能安全規格 立案メンバーによるISO 26262解説特別講座(一般技術者、ハードウェア・ソフトウェア技術者向け)

欧州と北米でのOEMからの要求が増加していると共に、日本のOEMでも関心が高まる自動車機能安全規格ISO 26262審査サービスを、英国で創立250年を超えるロイドレジスターグループのLRQA ジャパンでは、同じく英国の試験研究機関MIRA社と共にご提供いたします。

今回、MIRA社で20年以上のキャリアを持ち、ISO 26262ワーキンググループメンバーとして活躍しているイギリスの機能安全エキスパートであるドクター デービット・ワードをお招きし、特別講座を開催いたします。

5月30日(木)は、ISO 26262についてある程度知識をお持ちの一般技術者向けに、規格の要求事項と、実際の準拠について比較しすると共に、サプライヤーから海外OEMに求められるISO 26262の期待と要求などについて解説。

5月31日(金)は、30日よりもさらに専門的内容としてTier1、Tier2のハードウェア・ソフトウェア技術者向けに、分析方法の選定や、ソフトウエア開発とISO 26262の準拠と現実の課題などについて、実践的な内容と共に解説されます。

また、当日はISO 26262ソフトウェアパートの原案となったMISRA-SAドキュメント研究など、MIRAとのかかわりが深いリサーチエンジニアである株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・システム研究部長 二上 貴夫氏に司会いただきます。

■ コースのご案内 (※通訳あり)
  会場:ベルサール三田(東京都港区三田3-5-27 )

 1. 一般技術者向け ISO 26262 規格概論
 日 時: 2013年5月30日(木) 13時~17時
 受講料: ¥18,000 (税別) ※受講証明書 無し
 内 容: 
    自動車機能安全規格 ISO 26262とは?
    ISO 26262全般に関する解説 :規格の要求と、実際の準拠について
    海外OEMからサプライヤーへの、ISO 26262の期待と要求
    確証レビューとは?:その目的と、タイミング、そして独立性
    DIA(開発インターフェース協定)とは?:その目的と、重要性


 2.  ハードウェア・ソフトウェア技術者向け ISO 26262 実践的特別解説編
 日 時: 2013年5月31日(金)  10時~17時
 受講料: ¥48,000 (税別) ※受講証明書 有り
 内 容:
  ハードウェア・ソフトウェア技術者にとっての、自動車機能安全規格ISO 26262がもたらす次の重大な影響とは?
     ・開発ライフサイクル
     ・分析方法の選定
     ・アーキテクチャ:ASILデコンポジション・無干渉
     ・要求トレーサビリティ
     ・安全分析:ハードウェアアーキテクチャメトリック・ソフトウェア安全分析
     ・ハードウェア・ソフトウェア統合
     ・ソフトウェア開発とISO26262の準拠:現実の課題


■詳細・申し込み■ http://www.lrqa.co.jp/iso26262