PDF リリース全文
(973KB)

2013年4月12日

“冷凍食品の利用状況”実態調査結果について

2013年4月12日

一般社団法人 日本冷凍食品協会

<全国の25歳以上の既婚女性625人および25歳以上の男性625人※1に聞く>
 “冷凍食品の利用状況”実態調査結果について
 冷凍食品のおいしさに魅力を感じる人は男女とも年々増加
 男性の4割はひとりで夕食。ひとりでの食事時には冷凍食品が大活躍

一般社団法人日本冷凍食品協会(会長 伊藤雅俊)は、本年3月1日から4日にかけて、冷凍食品の利用者を対象に、冷凍食品の利用状況を明らかにするため、『“冷凍食品の利用状況”実態調査』を実施しました。



◎冷凍食品の利用頻度は、若い年齢層の女性や男性を中心に増加
◎男性は、3人に2人が「自分で食べる夕食」として冷凍食品を購入
■女性で、利用頻度が「増えた」人は若い年齢層ほど多い(25~34歳35.2%>65歳以上16.0%)
■男性で、冷凍食品の利用頻度が「増えた」人は昨年より10ポイント増(14.0%→23.8%)で、冷凍食品を買っている目的は、 「自分で食べる夕食」(65.3%)として


◎冷凍食品の魅力として、「おいしい」がさらにアップ。特に若い世代は、「おいしい」ことへの評価が高い
◎冷凍食品の購入は、「5割引」が男女とも最多で、特に女性は半数近く
■4年前の調査(2009年8月)と比較して、「おいしい」ことに魅力を感じている女性は20ポイント近くアップ
 (24.6%→41.3%)。
 また、《25~34歳》(男性 48.8%、女性59.2%)では《65歳以上》(同24.8%、28.8%)の2倍高い
■冷凍食品の購入は、「5割引」が最多。女性(47.2%)は半数近くで、男性(31.4%)より高い


◎普段の女性の昼食は、「ひとりで」が半数以上。食事の準備には、半数近くが冷凍食品を利用
◎男性は、夕食も4割が「ひとりで」。食事の際には3人に2人が冷凍食品を活用
■女性は、半数以上(55.5%)が「ひとりで」昼食。ひとりでの食事の準備には、半数近く(45.8%)が「冷凍食品」を利用
■男性は朝食(59.0%)、昼食(60.2%)を「ひとりで」とる傾向。夕食も4割以上(42.2%)が「ひとりで」。
 夕食の準備には、3人に2人(66.3%)が「冷凍食品」を活用



  調査では、冷凍食品を活用している実態やひとりでの食事の実態が明らかになりました。
  冷凍食品の購入頻度が「増えた」男性は昨年より増加の傾向で、夕食を「ひとりで」とる割合も男性は4割ですが、その際も冷凍食品の活用頻度が高くなっています。さらに、「おいしさ」に魅力を感じている割合は、男女とも年々増加しています。冷凍食品が活用されている背景には、冷凍食品の簡便性や保存性だけでなく、さまざまな利点が広く認知されつつあることがうかがえます。

※1 調査対象:冷凍食品を「月1回以上」利用している25歳以上の既婚女性625人と、25歳以上の男性625人