PDF リリース全文
(647KB)

2013年4月9日

「中堅企業経営者意識調査」『女性経営幹部』に関する世界44カ国調査を発表

2013年4月9日

太陽ASGグループ(グラント・ソントン加盟事務所)

「中堅企業経営者意識調査」『女性経営幹部』に関する世界44カ国調査
●世界44カ国の中堅企業における「従業員の女性比率」は34.8%。同「経営幹部の女性比率」は24.2%。
●日本の中堅企業における「従業員の女性比率」は26.6%。同「経営幹部の女性比率」は7.4%で、44カ国中最下位。
●「従業員の女性比率」が高いのは、アジア地域では香港(45.2%)、中国(41.9%)、台湾(41.3%)、マレーシア(39.5%)、タイ(37.5%)など。
●「経営幹部の女性比率」が高いのは、アジア地域では中国(50.6%)、フィリピン(37.1%)、タイ(35.8%)、ヴェトナム(33.2%)など。

太陽ASGグループ(グラント・ソントン加盟事務所)は、2012年11月~2013年2月に実施した非上場企業を中心とする中堅企業経営者の意識調査の結果を公表した(従業員数100人~750人)。この調査は、グラント・ソントン加盟主要44カ国が実施する世界同時調査の一環である。

■「経営幹部の女性比率」が44カ国中最も低いのは日本(7.4%)、最も高いのは中国(50.6%)。
 世界44カ国の中堅企業経営者に、「自社の経営幹部(※1)の女性比率」について尋ねたところ、24.2%となり、2012年調査の20.9%より3.3ポイント増加。また、24.2%は、2004年以降6回実施した同調査で最も高い結果となった。
 国別にみると、中国(50.6%)、ポーランド(47.7%)、ラトビア(47.7%)、エストニア(40.2%)、リトアニア(39.5%)、フィリピン(37.1%)、グルジア(36.8%)、タイ(35.8%)等は同女性比率が高く、日本(7.4%)、アラブ首長国連邦(10.8%)、オランダ(11.2%)、スイス(13.6%)、アルゼンチン(18.1%)、インド(18.9%)、英国(19.0%)、米国(20.3%)等は、同女性比率が44カ国平均より低い。
 同女性比率を地域別にみると、バルト諸国(39.7%)、日本を除くアジア太平洋地域諸国(29.1%)、BRICs諸国(28.4%)等では、44カ国平均(24.2%)を上回ったが、G7諸国(20.8%)は44カ国平均(24.2%)を下回った。

※1:本質問の経営幹部には、以下が含まれます。最高経営責任者(CEO)/代表取締役社長・会長・その他会社代表者、最高業務責任者(COO)、最高財務責任者(CFO)/財務担当取締役、最高情報責任者(CIO)、取締役人事部長、最高マーケティング責任者、財務担当取締役、経理部長、営業部長、パートナー、共同出資者、共同経営者等。

 さらに、「自社の取締役会の女性比率」について尋ねたところ、バルト諸国(37.6%)、BRICs諸国(25.9%)等は、44カ国平均(18.7%)を上回ったが、G7諸国(16.4%)等は44カ国平均(18.7%)を下回った。 「自社の取締役会の女性比率」を国別にみると、ロシア(37.3%)、タイ(35.2%)、フィリピン(33.7%)、ヴェトナム(30.4%)等は、44カ国平均を上回る一方、日本(6.8%)、スイス(7.4%)、アラブ首長国連邦(12.4%)、マレーシア(130%)、ブラジル(13.4%)、フランス(13.9%)等は、44カ国平均を下回った。

 また、世界44カ国の中堅企業経営者に「上場企業において取締役会や常務会等における女性の比率を割り当てるクオータ制が導入されるとしたら、どう思われますか。」と尋ねたところ、「反対」が55.2%、「賛成」が37.2%、「わからない」が7.6%となり、「反対」が「賛成」を18ポイント上回った。「反対」が多い国は、フィンランド(82.0%)、デンマーク(81.0%)、ロシア(78.0%)、スイス(76.0%)等。「賛成」が多い国は、ボツワナ(80.0%)、トルコ(76.0%)、中国(71.6%)、台湾(69.9%)等であった。日本の中堅企業経営者に尋ねたところ「反対」が27.7%、「賛成」が16.8%、「わからない」が55.4%となり、「反対」が「賛成」を18ポイント上回った。

■北欧諸国やG7諸国では、「フレックス勤務」を導入している比率が高い
 「貴社ではフレックス勤務(フレックスタイム勤務、在宅勤務、サテライトオフィス勤務等)を導入していますか。」と尋ねたところ、北欧諸国(88.9%)、バルト諸国(83.0%)、G7諸国(71.8%)等は、44カ国平均(67.1%)を上回ったが、日本を除くアジア太平洋地域諸国(55.2%)、BRICs諸国(40.1%)等は、44カ国平均を下回った。
 国別にみると、デンマーク(93.0%)、フィンランド(90.0%)、ノルウェー(89.0%)、ドイツ(86.6%)、スウェーデン(85.8%)、オランダ(85.0%)等は、44カ国平均(67.1%)を上回る一方、日本(17.3%)、中国(26.9%)、ロシア(30.0%)、アルメニア(32.0%)、シンガポール(37.0%)、マレーシア(37.0%)は、44カ国平均を下回った。