PDF リリース全文
(297KB)

2013年3月1日

食でつながる! 4.14-想いをカタチにする日-開催のお知らせ

2013年3月1日

「弁当の日」応援プロジェクト事務局


「弁当の日」応援プロジェクト共催イベント
食でつながる! 4.14-想いをカタチにする日-開催のお知らせ
 

共同通信社「弁当の日」応援プロジェクトでは、食でつながる! 4.14-想いをカタチにする日-を下記のとおり開催いたします。
このイベントは、大学生が企画、運営するものを、「弁当の日」応援プロジェクトが共催するものです。
恋愛、結婚、出産、家族、一生モノの仲間づくり。人とのつながりが更に重要になってくる学生にはとっても身近なライフイベントについて、どうやって向き合っていけばよいのか。― 4月14日、その答えを皆で考えてみるためのイベントです。

<開催概要>                                
    テーマ:食でつながる! 4.14-想いをカタチにする日-
    日  時:2013年4月14日(日)13:30~16:30
    場  所:国立オリンピック記念青少年総合センター、センター棟セミナーホール
        http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
    住  所:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1   TEL:03-3469-2525
    主  催:「食でつながる」実行委員会
    共  催:「弁当の日」応援プロジェクト
    参    加:無料 (参加者プレゼント付き)
    申し込み: 下記登録フォームにて受付 
           http://www.formpro.jp/form.php?fid=52882
    締め切り:3月31日(日)
          参加者には、後日参加証を郵送します。申込多数の場合は先着順となります。      
   問い合わせ先:syokudetsunagaru@gmail.com


<プログラム>
13:00~ 受付開始
13:30~ 開会
13:40~14:20 「食卓から始まる生教育」 内田美智子氏(助産師)
14:20~15:00 「今こそ婚学!」佐藤剛史氏(九州大学大学院農学研究院 助教 農学博士)
15:00~ 休憩 (書籍販売・展示)
15:10~16:20 トークセッション「想いの伝える弁当の日」
16:30  閉会

<講師略歴>
佐藤 剛史(さとう ごうし)先生
九州大学大学院農学研究院助教。
1973年、大分県生まれ。農学博士。年間の講演回数は100回を超える。
主な著書に『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社)『いのちをいただく』(西日本新聞社)『すごい弁当力!』(五月書房)『自炊男子』(現代書林)など。新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。

内田 美智子(うちだ みちこ)先生
助産師。大分県生まれ。
国立熊本病院附属看護学校、国立小倉病院附属看護助産学校助産師科卒業。
福岡赤十字病院産科勤務を経て、1988年、福岡県行橋市にて、産婦人科医の夫とともに内田産婦人科医院開業。2004年、九州思春期研究会設立。事務局長をつとめる。文部科学省委嘱、性教育実践調査研究事業委員。


「弁当の日」応援プロジェクト
 「弁当の日」の広報・普及・啓発活動の推進とその取り組みを側面からサポートしていくことを目的として、 キッコーマン株式会社 クリナップ株式会社 株式会社シジシージャパン  住友生命保険相互会社 積水ハウス株式会社 全国農業協同組合連合会 東京ガス株式会社 日本タッパーウェア株式会社 はごろもフーズ株式会社 の協賛により講演会の開催を希望する団体への助成事業などを行っています。

【連絡先 】
    「弁当の日」応援プロジェクト事務局
          (株)共同通信社 情報企画本部 情報企画部内  
           〒105-7208 港区東新橋1-7-1  汐留メディアタワー
          TEL:03-6252-6031  FAX:03-6252-6037
           担当: 田村・倉科  E-mail: kki.bentounohi@kyodonews.jp