M+ station トップ画像

PDF リリース全文
(441KB)

2013年3月1日

初の試み!輸血を受けた人と献血した人が交流するサイト「M+ station」を開設

20130301

日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センター

初の試み!輸血を受けた人と献血した人が交流するサイト「M+ station」を開設。輸血を受けて回復された方からの投稿を募集中!

 日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センターは、輸血を受けて回復された方と献血にご協力くださった方の投稿サイト〔「M+ station(ミー・クロス・ステーション)」〕を平成24年12月21日から開設し、現在、投稿を募集しています。

 特に募集をしたいのは、輸血を受けて回復された方からの投稿です。献血者にとって、自分の献血が誰かの命を救っているという実感が、献血への大きな原動力になります。

 日本赤十字社では、個人情報の保護や倫理的な観点等の理由により、献血者に「このような病気の人にあなたの血液が使われ、元気に回復しました」という報告は行っていません。しかし、献血が多くの人の命を救っているという事実を、皆さまに実感していただけるよう、本サイトの周知と投稿募集の呼びかけにご協力をよろしくお願い申し上げます。メッセージはどなたでも投稿が可能です。

■ M+ station   http://www.mecross.jrc.or.jp/

**********************************************
■M+ stationより抜粋したメッセージ
(輸血をされた方 / 20代 / 女性)
 20歳目前、交通事故で内蔵を損傷。命をとりとめたのは10人の方たちからの輸血でした。なんとなく献血はしていたけれど、献血の大切さを実感し、自分にできることを「今」行動につなげることが大切だと思います。

(輸血をされた方 / 30代 / 男性)
 5年前までの約15年間は常に「輸血」が必要な身体で、自分にとって「栄養素」みたいなものでした。献血をしようと思った方たちの一歩目の勇気と善意で生かされているんだなと、今は日々感謝をしています。
**********************************************

■これまでの経緯と今後の動き
 平成24年11月から関東甲信越内の街頭や献血会場などでインタビューを開始し、現在までに輸血を受けた/献血をされた方あわせて100名以上の声が集まりました。そこで集めた声を平成25年3月に冊子にまとめ、関東甲信越内の大学などで配布したり、献血会場に来所者の閲覧用として置いたりすることにより、冊子を活用する予定です。

==========================
 将来の輸血医療を支える10・20代の
献血者減少を食い止めるために
==========================
 輸血を受ける方の約85%が50歳以上、献血を支える方の約76%が50歳未満!

 現在、輸血を受ける方の大半は、50歳以上で全体の約85%になります。一方、献血にご協力くださる方の年齢層を見ると、約76%が50歳未満(その内の約25%が16~29歳)であり、健康な若い世代の献血が高齢者医療の多くを支えているのが現状です。しかし、今後の輸血医療を支える10・20代の献血者は少子高齢化の進展以上の速度で年々減少しており、近年10年間で40%も減少しています(詳細は当センターHPをご覧ください)。
 現時点では血液を人工的に作ることはできませんので、輸血用の血液はすべて献血によってまかなわれています。このまま10・20代の献血者が減り続けると、必要な量の血液が集まらず、輸血を受けることができない方が出てくる可能性もあります。そのような状況に陥らないために、10・20代の若い方々に対して献血の大切さを伝える必要がありますので、ご協力をお願いいたします。