2013年2月1日

坂本九ファミリーが、グランドオープン一周年記念で来館

2013年2月1日

常磐興産株式会社
スパリゾートハワイアンズ


坂本九ファミリーが、グランドオープン一周年記念で来館
2/8 夜ショーで、大島花子さんが「見上げてごらん夜の星を」でフラガールと共演
2/9 柏木由紀子さん、舞坂ゆき子さんも来館し、「ママエセフィーユ」ミニステージ

スパリゾートハワイアンズを運営する常磐興産株式会社(本社:福島県いわき市)は、平成25年2月8日(金)、東日本大震災からの施設完全営業再開・グランドオープン一周年を迎えます。  これを記念し、被災地支援にも積極的に取り組んでいる「坂本九ファミリー」をゲストに迎え、フラガールとの共演などを行います。

1月16日にリニューアルされた「グランドポリネシアンショー」では、故・坂本九さんの名曲「見上げてごらん夜の星を」が、フラダンスの振り付けとともに毎日披露されておりますが、2月8日(金)のショーには、坂本九さん・柏木由紀子さんの長女で、歌手の大島花子さんが登場、自らのメジャーデビュー曲でもある「見上げてごらん夜の星を」を歌い、フラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)と共演いたします。  2月9日(土)には、柏木由紀子さんと、坂本九さんの次女・舞坂ゆき子さんも来館し、坂本九ファミリー「ママエセフィーユ」によるミニステージも行われます。坂本九さんの名曲の数々を中心に、合唱曲として広く中学生に親しまれている遺作「心の瞳」も歌われる予定です。また、フラガールとの共演も含め、客席と一体感あるステージを予定しております。
 故・坂本九さんは、スパリゾートハワイアンズの前身である「常磐ハワイアンセンター」開業年、昭和41年の旧盆中の8月14日に歌の特別ゲストとして初来館。以降合計4回にわたり、ハワイアンセンターで公演を行っています。初めて訪れたハワイアンセンターの思い出をコメントに残したり、地元の盆踊り大会に飛び入り参加した等のエピソードもあります。



                    記
<グランドオープン一周年記念ステージ>
 1.大島花子さんとフラガールとの出演
   ・日時 平成25年2月8日(金)20:30~    
   ・場所 ウォーターパーク ビーチシアター
   ・内容 グランドポリネシアンショーの中で「見上げてごらん夜の星を」を歌い、フラガールと共演

 2.ママエセフィーユ ミニステージ
   ・日時 平成25年2月9日(土)12:45~ 約30分間
   ・場所 ウォーターパーク ビーチシアター
   ・内容 坂本九ファミリー柏木由紀子さん、大島花子さん、舞坂ゆき子さんによるステージ。坂本九さんの名曲などを披露。

 3.プロフィール
・大島花子:坂本九と柏木由紀子の長女。東洋英和女学院大学卒業。2003年「見上げてごらん夜の星を」でメジャーデビュー。以後アコースティックなライブにこだわる活動を続ける。2009年2月男児出産後は、ママとベビーがいっしょに楽しめるライブを定期的に開催。多くのママたちの共感を呼び、2012年NHKドキュメント「グランジュテ」でもその様子がピックアップされる。被災地の妊産婦支援活動にも力を注いでおり、最新シングルはジョイセフを通じたチャリティーCD「Lumiere」。被災地の保育園への激励ライブなどの活動も定期的に続けている。2013年はコンピレーションアルバムへの参加、また自身のアルバム制作にとりかかる予定。

・ママエセフィーユ(坂本九ファミリー):坂本九夫人で女優の柏木由紀子、長女で歌手の大島花子、次女で元宝塚、ドッグライフコンシェルジュでもある舞坂ゆき子の3人で結成されたユニット。ユニット名はフランス語で「母と娘たち」という意味に由来する。2004年9月にファーストミニアルバム「心の瞳」(オーマガトキ)をリリース。坂本九のヒット曲はもちろん、家族の中で作られたプライベート音源も収録。2006年12月初めてのファミリーコンサート開催。坂本九も声や映像で参加した、家族「4人」のコンサートとして好評を得る。東日本大震災後は、坂本九にちなんだ「バーベキュー」の炊き出しとミニコンサートを郡山、釜石で開催。坂本九自身の歌声を被災地に届けたいと「上を向いて歩こう」を被災地のみなさまと歌唱する。