サービスイメージ

PDF リリース全文
(131KB)

2013年2月1日

スマートデバイスでセキュアにデータ共有が可能なSaaS「FUSION Secure Drive App」を提供開始

20130201

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

スマートデバイスでセキュアにデータ共有が可能なSaaS「FUSION Secure Drive App」を提供開始
~ファイル共有とスマートデバイスで、BYOD導入に最適なサービスを提供~

楽天グループの通信事業会社であるフュージョン・コミュニケーションズ株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 相木孝仁 以下、フュージョン) は、FUSION Cloud プラットフォーム上で、セキュアなデータ共有を可能とするSaaS型サービスを「FUSION Secure Drive」の名称で提供いたします。第一弾として「FUSION Secure Drive App」を、本日より提供開始いたします。

「FUSION Secure Drive App」は、社内外のパソコン、スマートフォン、タブレット端末から、簡単かつセキュアに文書ファイル、映像、音声等の様々なデータ共有が可能なSaaS型サービスです。いつでもどこでも必要なデータにアクセスすることが可能となり、既存の業務効率化にとどまらず、これまでのITシステムではセキュリティの問題等から難しかった、外出先での業務や地方拠点、社外の方等との間で行われる業務を支援する法人向けソリューションです。

【「FUSION Secure Drive App」 (http://cloud.fusioncom.co.jp/app/)の概要】
■サービスの特徴
1.簡単にデータ共有が可能
社内外のパソコン、スマートフォン、タブレット端末への専用アプリケーションのインストールを行うだけで、文書ファイル、映像、音声、テキストメモ、電話帳、スケジュール等、クラウド上に保存した様々なデータの共有が可能です。

2.充実した保守運用による安定したサービスを提供
通信キャリアとして10年以上に渡りサービス提供、運用保守してきた経験・ノウハウを活かし、高品質で安定したサービスを提供します。

3.セキュアなデータ共有とシステム管理者による管理業務の利便性を両立
共有データは端末側に一切保存されず、クラウド上に保存されるため、端末紛失等、端末側が原因となる情報漏えいを防止することが可能です。また、HTTPS通信によりデータを暗号化しているため、セキュアにデータの送受信ができます。更に、ユーザーIDやフォルダへのアクセス権設定など、管理業務のための専用のウェブポータルを用意しており、システム管理者によって簡単にユーザーの利用を制御することが可能です。

■ご利用環境
・Windows XP, Windows Vista, Windows7
・Android OS 1.6以降を搭載したスマートフォン、タブレット端末
・iOS4.3以降を搭載したiPhone、iPad

■ご利用料金(税込)
・初期導入費用:無料
・月額基本料 :945円/ID (ストレージ利用料は含まず)
・ストレージ利用料(月額):105円/GB
※登録初月は無料です。(追加申込分を除く)
※最低利用期間無し、利用開始はお申し込み後5営業日以内になります。

■活用例
・建設現場:着工から完工までの共同事業体間での工事関連情報の共有
・修理/調査業務:お客様先や調査現場での、撮影・録音による詳細な報告書の管理部門との共有
・訪問営業:様々なお客様への紹介・説明が必要な対面営業における多種のカタログ・販促資料の提示・共有

■今後の「FUSION Secure Drive」提供予定
・2013年2月18日(月)にマトリクス認証(ワンタイムパスワード)を採用し、Webブラウザとエクスプローラのみで、Windowsファイルサーバーとして利用できる「FUSION Secure Drive」の提供を予定しています。

[「FUSION Secure Drive App」サービスのお申込み、パートナー募集のお問い合わせ]
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
営業統括部 事業推進グループ クラウド担当 奥井
TEL 050-5518-8259
E-mail:cloud_plan@fusioncom.co.jp

[リリースに関するお問い合わせ]
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
経営企画部 内山
E-mail:pr@fusioncom.co.jp
※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。
※報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。
仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがあります。