PDF リリース全文
(723KB)

2013年1月31日

「子どもの花粉症」 調査結果発表

2013.1.31

ロート製薬株式会社

花粉症の子どものうち、5歳までに発症36.6%、10歳までに発症69.3%
花粉シーズン中の子どもへの対策は、「何もしていない」が過半数

◆「母親のみ花粉症」の子ども32.8%、 「父親のみ花粉症」の子ども23.4%が花粉症に。 
◆花粉症の発症率に出生順と関連あり?第1子の方ほど花粉症を発症している傾向

ロート製薬株式会社(本社:大阪市/社長:吉野俊昭)は、2012年12月、花粉症対策への啓発を目的に、0~16歳の子どもを持つ父母を対象とした「子どもの花粉症」アンケート調査を実施しました。 このうち回答をいただいた父母2,587人及びその子ども4,371人の症状や実態等について、集計・分析を行いましたので、小児アレルギー専門医の見解と合わせてご報告いたします。

【調査結果のポイント】
 「子どもの花粉症」は低年齢で発症している傾向がありますが、花粉シーズンでも「対策をしていない」親が過半数です。花粉症は、一度発症してしまうと自然治癒は難しく、乳幼児期から花粉を回避する早めからの予防が大切です。

1)「子どもが花粉症だと思う」は25.7%。4人に1人の子どもが、花粉症を発症。
  0歳~16歳の子ども4,371人のうち、花粉症の子どもは25.7%。子どもの約4人に1人が花粉症であ
 ると感じているようです。(※医師の診断ではなく父母の実感によるものです)

2)花粉症の子どものうち、発症年齢は10歳までに発症69.3%。5歳までに発症36.6%。
 「花粉症を発症している」子どもを対象に発症年齢を確認したところ「5歳」(10.7%)
 「3歳」(10.4%)、「6歳」(8.9%)と続き、低年齢での花粉症の発症が確認されました。 また69.3%が10歳までに、36.6%が5歳までに発症しているという実態がうかびあがりました。

3)花粉症シーズン中の子どもへの対策は難しい? 「対策をしていない」51.0%。
 「病院へ行く」(32.4%)、「マスクなどで花粉をさける」(25.9%)など子どもの花粉対策はまだまだ少数派。 16歳までの子どもの4人に1人が花粉症と感じており、そのうち7割近くの子どもが10歳までに発症 
 しているにも関わらず、約半数の親は花粉対策を行っていないことが分かりました。
 アンケートの体験談からも「子どもがマスクをしたがらない」「薬を飲むと眠くなってしまい」など  
 子どもの花粉症対策は、大人以上に難しく悩んでいる親の姿がうかがえます。

4)「両親ともに花粉症」の場合、子どもが花粉症43.2%。子どもの発症は父親より母親に影響を受ける傾向に。
 「両親がともに花粉症の子ども」は43.2%が花粉症であるのに対して、「両親がともに花粉症ではな
 い子ども」の花粉症は11.6%にとどまりました。
  また「父親のみ花粉症」の子どもは23.4%が花粉症を発症していますが、「母親のみ花粉症」の 
 子どもは32.8%が花粉症という調査結果が浮かび上がってきました。

5)子どもの花粉症は出生順と関連。「第1子」は、「第2子」「第3子」よりも花粉症を発症している傾向に。
  また10~16歳の子どもに限定して出生順と花粉症発症について聞いたところ、第1子では39.7%、
  第2子は29.2%、第3子は28.6%が花粉症であると答えました。