2013年1月25日

2013年版日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました

2013/01/25

Great Place to Work (R) Institute Japan

2013年版日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました

2013年1月25日、Great Place to Work(R) Institute Japan(東京都中央区、代表:和田彰)は、2013年版日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました。
日本での発表は2007年より行われ、今回が第7回目となります。

2013年の「働きがいのある会社」従業員250名以上部門の第1位は、3年連続でグーグルとなりました。
従業員25~249名部門の第1位は、コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパンとなりました。こちらも3年連続となります。

本ランキングは、実際に従業員へのアンケートを行い、その結果を中心に作成されている、ユニークなランキングです。
当機関は、世界45カ国以上で、同じ基準に基づきランキングを作成し、発表しています。


【働きがいのある会社:従業員250名以上企業】
1位   グーグル
2位   日本マイクロソフト
3位   Plan・Do・See
4位   ワークスアプリケーションズ
5位   サイバーエージェント
6位   アメリカン・エキスプレス
7位   ザ・リッツ・カールトン東京
8位   トレンドマイクロ
9位   三幸グループ
10位  ディスコ
11位  モルガン・スタンレー
12位  セプテーニ・ホールディングス
13位  アサヒビール
14位  日本イーライリリー
15位  プルデンシャル生命保険
16位  船井総合研究所
17位  ブラザー工業
18位  東京海上日動システムズ
19位  ポジティブドリームパーソンズ
20位  アイ・ケイ・ケイ
21位  良品計画
22位  アボットジャパングループ
23位  堀場製作所
24位  ザ・リッツ・カールトン大阪
25位  ルネサンス
26位  ノボノルディスクファーマ
27位  ザイマックスグループ
28位  DHLジャパン
29位  ガリバーインターナショナル
30位  インテリジェンス
best35 アッシュ・セー・クレアシオン
best35 ケイアイスター不動産
best35 ネクスト
best35 バンダイ
best35 ブライダルプロデュース

(best35企業は50音順)

【働きがいのある会社:従業員250名未満企業】

1位   コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン
2位   VOYAGE GROUP
3位   トリプルグッド税理士法人
4位   安藤嘉助商店
5位   ネットアップ
6位   不動産SHOPナカジツ
7位   ノアインドアステージ
8位   FCEグループ
9位   フォンテラジャパン
10位  ベーシック
11位  ネットプロテクションズ
12位  特定非営利活動法人 フローレンス
13位  ウィルゲート
14位  ガイアックス
15位  日本ナショナルインスツルメンツ
16位  イノベーション
17位  じげん
18位  オウケイウェイヴ
19位  法律事務所オーセンス
20位  リブセンス
best25 岩堀建設工業
best25 ドリーム
best25 マースジャパンリミテッド
best25 レバレジーズ
best25 ロックオン

(best25企業は50音順)

なお、関連記事とあわせて「日経ビジネス」誌1月28日号に掲載されます。


また、当機関のウェブサイト上でもランキングを紹介しております。
http://www.hatarakigai.info/


[当機関について]
Great Place to Work(R) Institute は、世界45カ国以上で、「働きがいのある会社(Great Place to Work(R) 」を世界共通の基準で調査分析し、各国の有力メディアで”働きがいのある会社のランキング”として発表しています。
米国では、この「働きがいのある会社」リストに名を連ねることが、「一流企業の証」と受け止められています。
なお、本リストは、米国で1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されており、今回も同時にFORTUNE誌において発表されています。
今年は1月17日(現地時間)に発表されました。


【Great Place to Work(R) の調査内容】
「経営層への信頼」「仕事や会社への誇り」「会社内の連帯感」に関連する58の設問への5段階評価、および2問の自由回答設問に、参加企業の従業員が無記名で回答する「従業員へのアンケート(トラストインデックス(c))」と、参加企業の企業文化や会社方針、人事施策、具体的には、採用、経営層からの意見浸透、従業員からの意見聴取、人材育成、ダイバーシティ、ワークライフバランス、社会・地域貢献活動などの具体的な取り組み内容を参加企業が回答する、「会社へのアンケート(カルチャーオーディット(c))」を、世界共通の基準で評価します。配点は、「トラストインデックス(c)」が全体の2/3、「カルチャーオーディット(c)」が全体の1/3であり、「従業員からの声」を重視した配点となっています。

[関連リンクURL]
http://www.hatarakigai.info