PDF リリース全文
(1,133KB)

2013年1月21日

アジア太平洋最大級のランの祭典「APOC11」を開催

2013年1月21日

海洋博公園・沖縄美ら海水族館

アジア太平洋最大級のランの祭典「APOC11」を開催

 海洋博公園(沖縄県本部町)では、平成25年2月2日から2月11日の10日間、「第27回沖縄国際洋蘭博覧会」を開催します。今回はアジア太平洋最大級のランの祭典「第11回アジア太平洋蘭会議・蘭展-沖縄大会-(APOC11)」を同時開催しますのでお知らせいたします。

 APOC11は、アジア太平洋諸国を中心に約20の国・地域が参加し3年毎に開催される国際的なランの祭典です。沖縄県においては初の開催となります。会場は約20カ国から集まった3万点ものランで埋め尽くされ、幻想的な花の世界をご覧いただけます。
 期間中は世界初公開となる「青いコチョウラン」の展示や各地(国)の楽器演奏および民族芸能の披露等イベントを多数ご用意しています。
※ 詳細は沖縄国際洋蘭博覧会HP(http://oki-park.jp/oios/)をご覧ください。

● 日 時:平成25年2月2日(土)~11日(祝・月)
● 場 所:海洋博公園(熱帯ドリームセンター、夕陽の広場、熱帯・亜熱帯都市緑化植物園)
● 料 金:熱帯ドリームセンター入館料のみ
※沖縄美ら海水族館入館チケット(半券、年間パスポートも可)ご提示で、熱帯ドリームセンターの入館料が半額に!
大人(高校生以上)670円→330円 小人(小中学生)340円→170円