モデルハウス例(ヤワタホーム)

PDF リリース全文
(140KB)

2013年1月18日

自然派注文住宅メーカー6社による共同住宅展示場「ユーカリが丘 ロ・ハウス・ギャラリー」1月19日スタート

2013年1月18日

街づくり企業・山万株式会社

自然派注文住宅メーカー6社による共同住宅展示場プロジェクト
「ユーカリが丘 ロ・ハウス・ギャラリー」を
2013年1月19日(土)にスタートします

~2013年第1期建築条件なし宅地分譲も同時販売開始~

 ユーカリが丘を開発する「街づくり企業」山万株式会社(本社:東京・中央区、代表取締役:嶋田 哲夫 以下「山万」)は、千葉県佐倉市西ユーカリが丘エリアにおいて、千葉県下初(山万調べ)となる自然派注文住宅共同展示場「ロ・ハウス・ギャラリー」プロジェクトを、2013年1月19日(土)にスタートいたしますので、ご案内申し上げます。

「ロ・ハウス・ギャラリー」は、「自然と都市機能の調和した新環境都市」としての「ユーカリが丘」を開発する山万が、経済産業省・国土交通省・環境省が設置した「ロ・ハウス構想推進検討委員会」の提唱する「ロ・ハウス構想」(健康で快適な暮らしと、省エネ性・地球環境への配慮を両立させる住まいづくり構想)に呼応した、千葉県下初の環境共生型共同住宅展示場プロジェクトです。「ロ・ハウス・ギャラリー」は、移動式住宅展示場プロジェクトとして2010年9月に第1回を開催(全5社が参加)し、半年間で600組を超える皆さまにご来場を頂きました。今回は、その第2回として、千葉県下で施工実績のある自然派注文住宅メーカー6社の最新モデルハウスをじっくりご覧いただける内容でスタートします。

 また、山万では、「ロ・ハウス・ギャラリー」プロジェクトのスタートと同時に、「2013年第1期 建築条件なし宅地分譲」を開始します。1,630万円からの幅広い価格帯を用意、多くの世代からのユーカリが丘への「お住み替え需要」に対応いたします。
 山万では、ユーカリが丘における年間住宅供給戸数を約200戸に制限した計画分譲による「人口・世代バランスの調整」と、スマートハウス・自然派戸建住宅の供給などの住宅部門における「環境共生」、山万が運行する新交通「山万ユーカリが丘線」などの公共インフラ部門における「環境配慮」、「総合子育て支援センター ユーキッズ」や認可保育園「ハローキッズ」シリーズ等の展開による「子育て支援」、約3,000坪の「ケアガーデン」を中心とした「ユーカリが丘福祉の街」を中核とした「高齢者支援」などにより、「あらゆる世代が幸せに暮らせる街・ユーカリが丘」のさらなる発展のために寄与してまいります。


「ロ・ハウス・ギャラリー」プロジェクト概要

<展開期間>
2013年1月19日(土)~11月(予定)
TIMBIRED HOUSE、ヤワタホーム(2棟建設予定のうちの1棟)を除き、全棟を1月19日からご覧頂くことができます。

<場所>
千葉県佐倉市西ユーカリが丘3-6(案内所所在地)

参加メーカー(カッコ内は展開ブランド名・★印は千葉県内のハウスメーカー)

■須藤建設株式会社(SUDOホーム★)
 TEL:0120-310-207 URL:http://www.sudo-con.co.jp/
■株式会社コージーライフ(TIMBERYARD HOUSE★)
 TEL:043-242-1980 URL:http://www.timberyard.net/index.html
■鈴木建創株式会社(マザーズホームの家★)
 TEL:0120-184-854 URL:http://www.mothershome.jp/
■株式会社大三商行(ディアホーム★)
 TEL:0120-43-9911 URL: http://www.daisan-net.co.jp/
■古河林業株式会社(古河林業の家)
 TEL:0120-70-1281 URL:http://furukawa-ringyo.co.jp/
■株式会社ヤワタホーム(ヤワタホーム★)
 TEL:0120-913-111 URL: http://yawata-home.co.jp/

【参考:「ユーカリが丘」概要】
 1971年に開発が開始された、千葉県佐倉市に立地する総開発面積245ha(計画総人口約30,000人)のニュータウンで、山万株式会社が開発を手掛けています。「自然と都市機能が調和した新環境都市」を目指し、京成本線ユーカリが丘駅周辺の住宅・商業一体の超高層立体開発と、新交通システム「山万ユーカリが丘線」の各駅徒歩10分圏内に展開される一戸建平面開発を行っています。(2012年12月末 人口:16,841人、世帯数:6,507世帯)