愛誠学園 国家試験対策講座

PDF リリース全文
(702KB)

2012年8月24日

調剤薬局のアイセイ薬局が薬剤師国家試験対策講座をスタート

2012年8月24日

株式会社アイセイ薬局

調剤薬局のアイセイ薬局、薬学生向けの薬剤師国家試験対策講座を9月9日よりスタート

 (株)アイセイ薬局(東京都千代田区 岡村幸彦社長:JASDAQ 3170)は、2012年9月9日より新たに、薬学部在籍の学生を対象とした薬剤師国家試験対策講座をスタートさせる。アイセイ薬局は2011年12月から、医療・ヘルスケア領域における次世代の人材育成プログラム「愛誠学園」を開校し、人材育成に力を入れている。

 今期は東京、仙台、名古屋の3会場で各5回、合計15コマの特別講座を開催。カリキュラムの編成に関しては、薬剤師国家試験予備校として有名な薬学ゼミナール(学校法人医学アカデミー 東京都千代田区)とタイアップし、演習テストと振り返り講義のリピートによって確実に基礎点アップを図る実戦形式のカリキュラムを導入。この国家試験対策講座を通して、向学心旺盛な薬学生を囲い込み、将来の人材獲得への布石とする狙いだ。

<過熱する人材獲得合戦>
 昨今の薬剤師不足の環境下において、製薬会社をはじめとしたメーカー各社、病院、調剤薬局、ドラッグストアなど、薬剤師を必要とする企業は過熱した人材獲得合戦を繰り広げている。一般企業のリクルーティングとは対照的に、薬学生のリクルーティングは超がつく「売り手市場」。中には新卒薬剤師初年度の年収が一般企業の中間管理職級のところも現れているほど。

<薬学生のインサイトとは?>
 アイセイ薬局が独自で行った薬学生アンケートによると、「将来の心配事は?」という質問に対し、「薬剤師の国家試験」という回答が圧倒的な一位。どうやら自分独自の受験勉強だけで国家試験に合格できるかどうか不安な学生が多いよう。また、企業を選ぶ理由に研修制度の充実度や、家から通える勤務地などが上位に上がり、もはや、就職の心配は二の次。薬学生にとっては企業が自分の成長にどのくらいサポーティブかという点が大きく関わっているというインサイトが浮かび上がってきた。

<次世代医療人の育成>
 そこで、アイセイ薬局では「一緒に成長しよう。」というテーマで人材育成に重点を置く経営方針を決定。企業内スクール「愛誠学園」において、3つのカリキュラムを編成した。次世代医療人としてのビジョンを形成する『グローイングアップセミナー』、調剤薬局の現場で必要とされるスキルを身につける『薬剤師・医療事務スキルアップ・プログラム』、そして今回行われる『薬剤師国家試験対策講座』。今後も同社では、医療・ヘルスケアに携わる人材の育成に注力し、ステークホルダーの支持を集めていく動きである。