2012年7月3日

モリサワ The Font Bureau, Inc. との相互協力を発表

20120703

株式会社モリサワ

株式会社モリサワは、The Font Bureau, Inc. とのビジネスでの
相互協力を発表します。

株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表)は、The Font Bureau, Inc. (代表:David Berlow, Roger Black 本社:アメリカ ボストン、以下:Font Bureau/フォントビューロー)とのビジネスでの相互協力を発表します。
モリサワは、この相互協力により、「MORISAWA PASSPORT」でFont Bureau製のデザイン性に優れた高品質な欧文フォントをご利用いただけるようになります。提供時期は2012年10月です。また、クラウドフォントサービス「TypeSquare」でも提供します。

The Font Bureau, Inc. について
Font Bureauは、1989年に設立されたデジタル書体の先導的存在です。22年に渡り、アメリカのトップ出版業界向けにカスタムフォントを提供してきたほか、市場で高い評価を受けている多くのフォントを販売しています。また、Webサイトで高度な文字表現を可能にするWebフォントサービス「Webtype」を提供しています。

MORISAWA PASSPORTについて
全591書体(モリサワフォント484書体、ヒラギノフォント77書体、タイプバンクフォント30書体:2012年7月現在)がPC1台につき、1年間52,500円(税込)で、どれでも選べて好きなだけ使える画期的な年間ライセンスシステムです。

TypeSquareについて
さまざまな書体をWebフォントとして利用できるモリサワのクラウドフォントサービスです。Webフォントは、インターネットを介してフォントを配信する技術で、閲覧する環境にインストールされていないフォントでもブラウザ上で表示することができます。