「ケータイわんこ」使用イメージ①

PDF リリース全文
(638KB)

2012年6月4日

犬語変換機付きお世話ペットぬいぐるみ「ケータイわんこ」 7月26日(木)新発売

2012年6月4日

株式会社タカラトミー

スマートフォン型犬語変換機で お世話 や「スマホごっこ」 遊び 
犬語変換機付きお世話ペットぬいぐるみ
「ケータイわんこ」 7月26日(木)新発売
ワンワン鳴いたら ケータイかざして おしゃべり犬に変身!
収録セリフは300種以上

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/以下タカラトミー)は、スマートフォンをモチーフにした犬語変換機付きお世話ペットぬいぐるみ「ケータイわんこ」2種(希望小売価格3,780円/税込)を、2012年7月26日(木)から、全国玩具専門店・百貨店・量販店等にて発売いたします。

 「ケータイわんこ」は、「ワンワン」と鳴いたら、スマートフォンをモチーフにした変換機を鼻に近づけると、センサーが反応して日本語に疑似翻訳する女児向け犬型お世話ペットぬいぐるみです。未就学児が大好きな「お世話」、「ぬいぐるみ」の普遍的な遊びに、「ペットと会話がしたい」という子どもたちの夢をカタチにした「犬語を翻訳する気分を味わえる」新しい要素と、人気の“スマートフォン、ケータイ”の遊びの要素を取り入れました。さらに、「犬語を翻訳する」遊びによって、「この不思議なスマートフォンを持っている私だけがわんこの気持ちをわかる」と感じ、お世話する気持ちも育まれます。

 変換するセリフ数は、「なでなでしてー」、「歌ってほしいな」、「今日、洋服カワイイ」など300種類以上収録しています。「ごはんちょうだい」とわんこがごはんを欲しがったら、付属のビスケットを口にあてると、「もぐもぐ」と食べます。食べた後の鳴き声を翻訳すると、「もっとちょうだい」など喜んだりもっと欲しがったりと継続性のある会話でお世話遊びがより楽しめます。頭や手足は柔らかなぬいぐるみ素材のため、寝かせたり、お座りさせたり、いろいろなポーズができ、非常に愛くるしい姿を楽しむことができます。第1弾は、人気犬種のトイプードルを採用し、ブラウンとピンクの2色展開です。秋には、柴犬とチワワをモチーフにした第2弾を発売する予定です。

 近年のペットブームにより、犬や猫などペットを飼っている人は約3割(※1)を占めていますが、住宅環境や経済的な面で、ペットを飼いたくても飼えない事情をお持ちの家庭も多く存在します。「ケータイわんこ」は、子どもがお世話できるペット、愛着が湧く家族のような存在として提案してまいります。

< 商品概要 >

商  品  名:「ケータイわんこ」 2種 
      (トイプードルブラウン/トイプードルピンク)
価      格:3,780円 (税抜価格 3,600円 税5%)
セット内容:ケータイわんこ本体、ふしぎなケータイ、モグモグビスケット、
      ケータイきせかえシート×2枚
商品サイズ:【わんこ】(W)150×(H)160×(D)170 mm 
      (※おすわりポーズのサイズ時)
      【ケータイ】(W)55×(H)87×(D)15 mm
      【ビスケット】(W)72×(H)37×(D)5mm
商品重量:【わんこ】210g(※電池抜き)/【ケータイ】30g/【ビスケット】11g
発売日:2012年7月26日(木)
対象年齢:3歳~
取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場 他
販売目標:年間30万個
版権表記:(c) TOMY
使用電池:【わんこ】単4アルカリ乾電池2本(別売)   
ホームページ:http://www.takaratomy.co.jp/products/keitaiwanko/
          ※2012年6月14日公式サイトオープン予定

(※1)平成22年度 内閣府調査(動物愛護に関する世論調査)より抜粋