2010年6月21日

ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用される

2010年6月21日

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル


         ニンテンドー3DSTM に DMPの

3DグラフィックスIPコア「PICA(R)200」が採用される

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都武蔵野市、代表取締役C.E.O. 山本達夫、以下DMP)は、任天堂株式会社の新携帯ゲーム機ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用されたことを発表しました。

PICA200にはDMPが独自に開発した3Dグラフィックス拡張機能「MAESTROテクノロジー」が搭載されています。これは複雑なシェーダ機能をハードウェアで実装することにより、従来のハイエンド製品で用いられる高品質なグラフィックス表現を、低消費電力が求められる携帯型ゲーム機をはじめとしたモバイル製品でも実現できる技術です。

DMP代表取締役兼C.E.O.山本達夫のコメント:
「当社は裸眼立体視や据え置き型ゲーム機のような高品質なグラフィックス表現を低消費電力のまま実現させるという高い目標を有しておりました。DMPが長年にわたり開発してきたMAESTROテクノロジーが貢献できたことを大変うれしく思います。」

                                     ###

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)について
2002年7月の会社設立以来、DMPは日本発のリーディング・テクノロジー・カンパニーとして、主に組込み市場向けに最適な2D及び3Dグラフィックス技術の開発を続けています。幅広い組込み製品をカバーするハード、ソフトを含む3Dグラフィックス・ソリューションにより、新しいユーザー体験を提供する事を目指しています。またKhronosグループのメンバーとしてOpenGL ESの仕様策定に主導的役割を果たすほか、日本で唯一のOpenGL ESプログラミング・トレーニングを実施しています。DMPに関する情報は http://www.dmprof.com/ で入手できます。

(C)2010 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
DMP、DMPロゴ、PICAは株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの登録商標です。
ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

[関連リンクURL]
http://www.dmprof.com/