ホームページデータ ※写真およびテキストは一部イメージ

2010年2月12日

『認め合い、ともに活躍する多文化共生社会の実現』をテーマとしたホームページ開設

2010年2月12日

大阪市市民局人権室

大阪市多文化共生啓発事業において、「認め合い、ともに活躍する多文化共生社会
の実現」をテーマとしたホームページを開設します。
本事業の完成披露を兼ね、報道機関向けのプレス発表会を開催します。
  【龍谷大学経営学部教授 李 洙任(リー・スーイム)の基調メッセージ】
      【メッセージソング『NANIWAともあれ』の完成発表】 

大阪市の外国人登録者数は、2009年(平成21年)12月末で、129カ国、12万742人で、大阪市の推計人口265万3,480人にしめる外国人登録者数の割合は4.6%になっており、22人に1人が外国籍住民といった状況です。
国籍、民族、言語、文化、宗教、生活様式、歴史的背景などが異なる外国籍住民が抱える課題やニーズは、ますます、複雑化・多様化しており、共に暮らしやすいまちづくりが重要となっています。
このような中で、大阪市では多文化共生啓発事業において、「認め合い、ともに活躍する多文化共生社会の実現」をテーマとしたホームページを、平成22年2月17日(水)に開設します。

本事業のホームページでは、音声による情報しか入手できない人びとを含めたより多くの人びとに人権情報を伝えることを目的とします。開設するホームページのコンテンツである「メッセージソング」、「基調メッセージ」、「ショートエッセイ」、「外国籍住民のインタビュー」は再生し、ダウンロードすることもできます。あわせて、視覚障害のある方や文字等が読みにくい方にも情報をお届けできるよう音声読み上げ用ページを設けています。
(※開設するホームページの上記コンテンツは、音声のみであり、映像コンテンツではありません。)

本事業のホームページの完成披露を兼ね、龍谷大学経営学部教授 李 洙任(リー・スーイム)さんの基調メッセージ、ボーカルユニット・UNITE(ユナイト)のメッセージソング『NANIWAともあれ』の完成発表を含む報道機関向けのプレス発表会(招待関係者含む)を、平成22年2月17日(水)13時30分から大阪市公館で開催します。ご取材を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

※ホームページURL
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu060/kokoro-net/index.html
平成22年2月17日(水)13時30分からご覧いただけます。

○大阪市多文化共生啓発事業のホームページ(写真及びテキストは一部イメージ)



【大阪市多文化共生啓発事業・ホームページ概要】 
●テーマ
 Imagine…Soul to Soul 
 認め合い、ともに活躍する多文化共生社会の実現

●内 容
・メッセージソング
  多文化共生社会の実現をテーマにした、メッセージソング
  『NANIWAともあれ』
    歌手:UNITE(ユナイト)
    作詞・作曲:上田 起士(うえだたつじ)
  「“何はともあれ”・・・始めてみることの大切さ」を伝えるメッセージソング。
  “NANIWA”のみんなが友になり、“NANIWA”と表記することで、
  大阪市が発信する多文化共生啓発事業のテーマ楽曲であることを伝える。

・基調メッセージ
  多文化共生社会の実現について、音声による基調メッセージ
  ○関西大学国際部准教授 アレクサンダー・ベネット
  ○英語落語家 ダイアン 吉日(ダイアン きちじつ)
  ○フィリピノ語通訳・翻訳者 平松 マリア(ひらまつ マリア)
  ○サッカー選手 セレッソ大阪所属 金 鎮鉉(キム・ジンヒョン)
  ○映画プロデューサー 李 鳳宇(リ・ボンウ)
  ○龍谷大学経営学部教授 李 洙任(リー・スーイム)
  ○甲南女子大学多文化コミュニケーション学科准教授 リリアン・テルミ・ハタノ
  ○奈良教育大学名誉教授 中川 喜代子(なかがわ きよこ)
  ○大阪市立大学大学院経済学研究科教授 朴 一(パク・イル)
  ○DJ サニー・フランシス
  ○大阪大学グローバルコラボレーションセンター教授 津田 守(つだ まもる)

・ショートエッセイ 
  「多文化共生」や「外国籍住民をめぐる問題」についてさまざまな経験を持つ方にお
  聞きしたエピソードから、ショートエッセイを作成

・インタビュー   
  毎日の生活の中で、不思議に思ったこと、困ったこと等についての体験を30名の外国
  籍住民の方へインタビュー

【報道機関向けプレス発表会】 
1.開催日時 平成22年2月17日(水)13時30分~14時20分(13時開場受付)
2.開催場所 大阪市公館・本館1階(大阪市都島区網島町10-35)
       (JR東西線「大阪城北詰」駅下車3番出口すぐ)
3.開催内容 ・多文化共生啓発事業のホームページ紹介
・大阪市市民局局長挨拶
・基調メッセージ:
  龍谷大学経営学部教授 李 洙任(リー・スーイム)
・ショートエッセイの朗読(2作品)
・メッセージソングの完成披露
  『NANIWAともあれ』
  歌手:UNITE(ユナイト)
  作詞・作曲:上田 起士(うえだたつじ)
・記者会見(質疑応答)

【基調メッセージ】
龍谷大学経営学部教授 李 洙任(リー・スーイム)
テンプル大学より教育学博士号を取得し、スタンフォード大学リサーチ・フェロー(人種及び民族に関する比較研究)、ハーバート大学ライシャワー日本研究所客員教授を歴任。在日コリアン3世だが、2001年に帰化し、日本国籍を取得。韓国名を本名に、コリア系日本人として生きることを選択し、「等質社会」をよそおう日本社会に新しい風を吹き込もうとしている。夫、子どもとそれぞれ国籍が異なる家族国籍独立主義を守っている。現在、大阪市外国籍住民施策有識者会議委員。

【メッセージソング】
アーティスト:UNITE(ユナイト)
ジャンルにとらわれることなく、音楽の楽しさを分かち合いたい。そんな思いのもと集まった6人の男女混声ボーカルユニットです。アカペラを主体とし、独自にアレンジされた曲を個性豊かに歌い上げます。また、音楽療法などによるボランティア公演も積極的に実施するなど、未知なる可能性を秘めた新しいスタイルのグループです。
 ☆Yasuo   Part:コーラスボーカル(バリトン)
 ☆O-hi      Part:コーラスボーカル(テナー)
 ☆Shiho   Part:リードボーカル
 ☆Ayumu   Part:ベースボーカル
 ☆rith    Part:ヴォイスパーカッション
 ☆bee      Part:コーラスボーカル(ソプラノ)

[関連リンクURL]
http://www.city.osaka.lg.jp/