公立大学法人首都大学東京のリリース

第1回 産業技術大学院大学『ITとデザインエンジニアリング ソリューションコンテスト』開催

 産業技術大学院大学は、「情報システムの設計・開発運用」や「感性と機能を融合した開発の主導」を行うプロフェッショナルを育成しています。未来のプロフェッショナルを発掘・育成するために、ITとものづくり技術を融合した新しい製品やサービスにつながるソリューションを募集するコンテストを実施します。

図1  正常なTDP-43の働きとALS変異を持つTDP-43の働きとの違い

筋萎縮性側索硬化症原因遺伝子産物 TDP-43の新機能を発見

◎筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因遺伝子の変異が、選択的に運動ニューロン死を誘導する分子機構は不明だった。 ◎TDP-43は、ミトコンドリアDNAから合成されるRNA産物の形成制御によってミトコンドリア機能を調節し、その異常が細胞死を誘導することを明らかにした。 ◎TDP-43を標的としたALS治療薬の開発が期待できる。

公立大学法人首都大学東京

平成30年度首都大学東京入学者選抜について

本学が実施する平成30年度首都大学東京入学者選抜について、概要をお知らせいたします。詳細につきましては、7月初旬に配布を開始する「平成30年度入学者選抜要項」をご確認ください。

公立大学法人首都大学東京

首都大学東京発ベンチャー㈱ABRIの設立について

 首都大学東京(学長:上野淳)の金村聖志教授(都市環境科学研究科 分子応用化学域)は、高性能かつ安全性の高いリチウムイオン電池の研究・開発を行ってまいりました。このたび、その研究成果を元に、4月3日付...

大学生が撮影した「自分の好きな渋谷」が 渋谷駅前の工事現場を魅力的に彩ります

首都大学東京 システムデザイン研究科の菊竹雪研究室は、一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメントとの共同研究として、現在工事中のJR渋谷駅前を、大学生が撮影した「自分の好きな渋谷」の写真で彩ることにより、工事現場を魅力的な場所にするプロジェクト「SHIBUYAFAV!」をスタートさせました。

都市住民は生物多様性に不寛容?

首都大学東京 都市環境科学研究科観光科学域の沼田真也研究室は、首都圏住民1,030人へのアンケート調査により、「幼少期の自然体験量が多い人ほど、スズメバチやイノシシなど問題を起こす可能性のある生物に対しても好感度が高く、これらの生物に対する受容性が高い」ことを明らかにしました。

公立大学法人首都大学東京

脳卒中者の歩行中の衝突回避の秘訣を発見

 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科の樋口貴広教授らは、脳卒中者が狭い隙間を歩いて通り抜ける際の衝突回避方略を、三次元動作解析装置により分析しました。その結果、隙間を通り抜ける際に麻痺側の身体を前方に出す脳卒中者は、それ以外の方略をとる脳卒中者よりも、巧みに衝突を回避できることがわかりました。

2017 AIIT PBLプロジェクト成果発表会を開催します。(公立大学 産業技術大学院大学)

産業技術大学院大学は、創立以来第10回目となる2017 AIIT PBL プロジェクト成果発表会を、平成29年2月11日(土・祝)に東京国際フォーラムで開催します。

公立大学法人首都大学東京

5年間の潜水調査で、2011年津波後の海の生き物たちの回復が明らかに

 首都大学東京 横山勝英准教授と京都大学 益田玲爾准教授らの研究グループは、気仙沼市舞根湾周辺の4地点で2011年5月から2ヶ月に1度の頻度で潜水調査を行い、魚類および大型無脊椎動物の記録をとっています。津波から5年間の記録を解析したところ、海の生物がどのように回復するか、下記6点が明らかとなりました。

公立大学法人首都大学東京

真珠湾攻撃の資料を3Dマップ上にまとめた「パールハーバー・アーカイブ」を公開しました

首都大学東京システムデザイン学部の渡邉英徳研究室(インダストリアルアートコース)は、1941年12月8日(日本時間)の「真珠湾攻撃」から75年目を迎える本日、真珠湾攻撃の証言・写真資料に人工知能技術で着彩し、3Dマップ上にまとめた多元的デジタルアーカイブ「パールハーバー・アーカイブ」を公開しました。

1 2 3 4 5 6 7 > >> 1/9