糖尿病診断アクセス革命事務局のリリース

糖尿病早期発見のための地域医療連携プロジェクト糖尿病診断アクセス革命約4人に1人が糖尿病または予備軍

要旨 1.2010年10月~2014年9月の4年間に「糖尿病診断アクセス革命」プロジェクト参加薬局(東京都足立区10薬局、徳島県10薬局)で指先HbA1c検査を受けた人は4,113名(糖尿病治療中の...

糖尿病の早期発見プロジェクトの成果などを受け、薬局等での自己採血検査が解禁へ

 「糖尿病の早期発見・早期治療開始へ向けたプロジェクト(糖尿病診断アクセス革命)」の成果などを受け、3月31日に厚生労働省より臨床検査技師法に基づく告示の改正が公布され、薬局等での自己採血検査に関しての法的位置付けが明確化しました。

「指先HbA1c検査」で全体の13%から糖尿病を発見:1年間の測定実績ご報告

糖尿病診断アクセス革命事務局(代表:矢作直也・筑波大学大学院内分泌代謝・糖尿病内科准教授)は、2010年10月より東京都足立区内の9ヵ所の薬局・ドラッグストア店頭で指先HbA1c測定による糖尿病スクリ...

糖尿病へまっしぐら?! 健診を受けていない「ポッチャリ主婦」が危ない!主婦の健診受診状況調査を実施

糖尿病診断アクセス革命事務局(代表:矢作直也・筑波大学大学院人間総合科学研究科内分泌代謝・糖尿病内科准教授)は、30代~60代の主婦300人を対象に調査を実施しました。 潜在患者も含めたわが国の糖尿病...

1 1/1

企業・団体情報

基本情報
名称 糖尿病診断アクセス革命事務局
所在地 茨城県
業種 各種団体
URL http://a1c.umin.jp/